ホームページが作りたい!まず知っておくべきこと

ホームページの基礎の基礎となるもの「HTML」

ホームページ(Webサイト)を作成するにはまず「HTML」というマークアップ言語が必要になります。
HTMLは、よくある黒い画面で意味不明な記号などを並べていくプログラミング言語のイメージが持たれがちですが、全く違います!「まずタイトルを表示して、ここに文章を入れて、その後に補足を入れる」というように大まかな順番や配置を決めるための言語です。
なので「マークアップ(目印を付ける)言語」と呼ばれています。私自身も初めてHTMLに触れた時は分かりませんでした。ですが現在この他のプログラミング言語に触れてわかったことなのですが比較的簡単に技術を取得することが出来ます。必ず分かる日が来るので安心して取り組んでくださいね。

HTMLだけじゃ物足りない!を解決する「CSS」

……しかしそのHTMLは「ただ目印を付けてあげる」だけの言語なので表示することしかできません。少しでも大手企業の公式サイトのような見栄えの良いホームページに近づけたいですよね。
そこで「CSS」というHTMLと似た言語が必要になります。簡単にイメージしてみましょう。HTMLで例えば「こんにちは」という文章を記述して表示するとします。その「こんにちは」という言葉は「A」グループに属しています。そこでCSSで「Aグループに属している言葉の文字の色を赤色にする」と指定すると「こんにちは」が赤色に変わるわけです。HTMLで名前をつけて、その名前を指定して変化を加えるのがCSSというイメージでいいと思います。
主にこの2つの言語がホームページ作りには欠かせません。この他にもJavascriptやPHPなど動きのあるサイトを作りにはまた別の言語を身につけなければいけませんがまずはHTMLとCSSから学習していきましょう。あなたのアイデア次第で可能性は無限大です!

ホームページ制作の実績を考慮しながら業者選びを行うことで、様々なこだわりを取り入れたホームページの制作を安心して依頼できます。