一度作ったら終わり…じゃない!メンテナンスの重要性

常に最高の状態をキープしなければ読者は離れてします

ホームページを放置していては、気がつけば読者が離れてしまうことは多々あります。一度作成し、見られているうちは安心しますが、いつの間にか誰にも読まれていないことにもなりかねません。それは、メンテナンスを怠っていると発生します。
メンテナンスとは、ホームページに不備がないかをチェックすることですが、これはシステムに対してのみ言えることではありません。
例えば、作成した文章記事にミスはないか、画像がいつの間にか表示されなくなっていないか、貼付けたリンク先が間違っていないか、などを確認しなければなりません。こういったこと全てがメンテナンスに含まれます。定期的にメンテナンスを実施することで、ホームページを常に最高の状態にキープすることができます。

メンテナンスでホームページを良い方向に修正することができる

メンテナンスは、ホームページの不備の修正だけではなく、より読者に好印象を与えたり、読んでほしい記事に誘導したり、作成者にとって都合の良い方向に修正することもできます。例えば、アクセスが多い記事に”あまり読まれていない記事”や”読んでほしい記事”のリンクを貼付けることで、アクセス数を伸ばすことができます。
これはメンテナンスを実施しなければ気づけないことなので、やはり重要になります。また、記事のコメントやアクセス集中時間から、読者の年齢層を推測し、その人たちに向けてデザイン修正も可能になります。アクセスされる際、検索キーワードをヒントに、多用すべきキーワードを宣説し、記事に盛り込むことで今までの倍以上のアクセス数を集めることもできます。