読みやすいホームページとは?知っておきたい制作のコツ

何でもブロック化することで読みやすい印象に!

ホームページを作成する際、必ず気をつけるべきことは、制作者の”自己満足”で完結してしまうことです。そもそもホームページは、”読んでもらうためのサイト”なので、読者目線で考え、作成しなければなりません。そのためのポイントとして、読者に読みやすい印象を与えることが大切になります。
そのコツとなるのが、『ブロック化』された構造になります。ブロック化とは、例えば、『テーマ毎に分けれたリンク集(記事一覧)』や『文章と写真の1セット』、『オススメ記事・人気記事など区分して紹介する』など、これらをホームページ内で分けてしまうことです。分けることによって、一目で”何がどこにあるのか”が分かるため、読者にストレスを与えることなく、むしろ読む流れを作って上げられるため、非常に読みやすくなります。

文章作成時の2つのポイントがホームページを読みやすくする

文章を書く際、大学のレポートのように、長々と書いてしまっては、読者は読む気をなくします。どれだけ優れた内容であったとしても、パッと見の文章で『読みにくい』という印象を与えてしまう可能性があります。それを避けるために、文章を書く際のポイントが2つあります。
1つは、長文を避けることです。長文になると判断したとき、ある程度のところで改行してしまうのが良いです。そうすることで、長文ではなく、短文という印象を与えることができるので、同時に読みやすさも与えられます。
もう1つは、段落分けではなく、空行を2、3行を入れ、ブロック化してしまうことです。文章において、同じ内容、違う内容と話が切り替わるときは、段落分けをします(改行し、1マス空ける)。これの代わりに空行を2、3行入れることで、より読みやすさを与えることができ、読者はブロック毎に読めば良いと判断してくれます。人間はブロックを1塊と捉え、注目しやすくなるので、これがホームページの文章の読みやすさとなります。

紹介したいブランドやメーカーを細かく記載出来て、一気にたくさんの人に紹介出来るのがHP制作です。簡単に作ることが出来ます。